若白髪 ヘアスタイル

スポンサーリンク

髪型を工夫して若白髪を隠す

若白髪というのは、10代の思春期にある子供にとっては深刻な悩みです。友達や周りの人に白髪のことを指摘されたら、嫌な気持ちになってしまいますね。

 

若白髪が見つかった時、白髪染めで染めると一番即効性があるのですが、まだ中学生や高校生であれば、校則で染められないという場合もあると思います。

 

そこで、もう一つの対策としてあげられるのが、ヘアスタイルを工夫して白髪を上手く隠すことです。

 

女性であればロングヘアを好む人も多くいますが、ロングヘアだとどうしても白髪が目立ってしまいます。特に白髪というのはそこだけ立つような感じになるので、ロングヘアにしてしまうとそこだけが強調されるような感じになるので、維持するのは難しくなります。

 

そのため、ショートヘアにした方が見栄えは良くなります。何より毛先が傷むことが少なくなるので、その分髪質を良く保つことができます。

 

似合う髪型というのは、白髪の量にもよって変わってきます。白髪が目立ちにくいのはストレートより肩につかないくらいの長さで、ゆるふわにパーマがかかっている状態です。その際に分け目をぼかすと、さらに目立ちにくくなります。

 

頭頂部は左右に分かれていますが、その分け目をまっすぐではなく、櫛を使ってギザギザ型にしてパーマをかけることが大切です。こめかみやおでこの上に白髪が出やすい場合は、前髪を作ると隠しやすくなります。

 

ただ、ヘアスタイルを工夫することで隠せるのは、若白髪の量が少ない時だけです。多くなってくると白髪染めで染めるか、ウィッグを使うなどして隠すことも必要になります。

 

なお男性の場合はこれといった髪型はなかなかないです。

 

坊主にしてしまえば、髪全体であれ側頭部であれ白髪の量も関係なくまったくわからなくなります。

 

ただ坊主には抵抗がある人も少なくないですし、社会人なら難しいものです。

 

ヘアスタイルの工夫よりも白髪染めやカラーといった方法が現実的な対策になるでしょう。

スポンサーリンク