若白髪 日焼け

スポンサーリンク

紫外線の影響と若白髪の関係

10代〜20代でも悩んでいる人が増えてきている若白髪。実は日焼けともちょっとした関係があります。

 

特に夏の時期というのは、外にでると否応なしに太陽光を浴びてしまいます。その時に紫外線をたくさん浴びています。

 

紫外線を浴びると頭皮や髪に悪影響を与えるばかりか、白髪も引き起こします。いわゆる光老化と言われる現象なのですが、光老化は細胞に浴びた紫外線が蓄積されることから起こります。

 

若い今のうちから紫外線対策を行いましょう。

 

頭皮は太陽に一番近く、紫外線を浴びやすいところです。髪の毛で頭皮が守られているとはいえ、何もしないでいると枝毛などの原因になってしまいます。

 

ですので、髪用の日焼け止めクリームを髪と頭皮に塗ると紫外線対策になります。顔用や皮膚用のものでもいいのですが、それを塗ってしまうと成分によって髪が白くなることがあります。

 

あるいは、UVカット効果のある日焼け止めスプレーをかけるのもいいですね。ただし、その場合はシャンプーをいつもより丁寧に行う必要があります。

 

シャンプー後にコンディショナーやトリートメントを使って、髪の毛をコーティングしておくとさらに効果的です。

 

また、11時〜12時は紫外線量が多い時間帯です。この時間帯の外出を控えるのも立派な対策です。

 

そして、表面だけでなく体の内側からのケアも重要です。ビタミンCや抗酸化ビタミンと言われているビタミンA・Eを含む食品を取ることが大切です。

 

また、タンパク質は傷んだ肌の再生を促進するので、魚や肉、大豆などの良質なタンパク質の摂取も大切です。

スポンサーリンク