若白髪 印象

スポンサーリンク

若白髪が目立つ人の印象

若白髪が悩みとなっている人は、見た目が与える人からの印象が気になることも多いのではないでしょうか。

 

若白髪の量そのものが少なくてまばらだったり、ほとんど目立たない、よく探して数本ある程度なら普通は気づきませんからあんまり関係ありません。

 

ただ、話す距離くらいからでも白髪が見えるとなると、「どう思われているか?」が気になってしまうものです。

 

年齢や若白髪の割合にもよりますが、見た目の印象として一番多いのは老けて見られるという点ではないでしょうか。

 

「10代なら20代に、20代なら30代に・・」といった具合に、実年齢より上と思われる可能性は高いです。

 

また、小学生や中学生、あるいは高校生くらいだと、イジられたりして傷つくこともあります。
自分も学生の時は「じいさんかよ!」ってバカにされたりしたことがあり、当時は本当に落ち込みました。

 

同じように男性なら「おじいちゃん」女性なら「おばあちゃんみたい」と、バカにされたりすることもあるかもしれません。

 

それと、本数が少なくて全体に白髪が目立たなくても、一部分に集中している場合は目立つため、人に気づかれると指摘されることもあります。
こうしたケースで見た目からの印象が大きく変わるとは思えませんが、「髪が傷んでいるのかな?」と勘違いされたりはするかもしれません。

 

いい意味で印象が変わることもある

若白髪がある人の悪い印象ばかり述べましたが、場合によってはいい印象をもたれることもありえます。

 

白髪がある人は「頭がいい」「苦労人」「強運の持ち主」といった色々なうわさがあるからです。

 

いずれも迷信レベルの話で根拠に乏しいですが、こうした都市伝説を疑っていない人なら、「すごい勉強している優秀な人なんだな」とか「若いのに大変な経験をたくさんしている人なんだな」といった具合に、肯定的なイメージをもたれる可能性も否定できません。

 

もちろん、相手方がそうしたことを知らない場合は関係ありませんが、いつもいつも悪く思われるわけではないので、あまり見た目だけのイメージや評価などを気にしないようにしましょう。

 

「若白髪のある自分はどう思われているか?」を気にしすぎると、自信のなさや挙動不審な態度が目立ってしまい、相手にも伝わってしまいます。

 

相手は何も思っていないかもしれないのに、オドオドしてしまうと見た目以外の部分で相手の印象が変わることは多いです。

 

気にする気持ちは自分もよくわかりますが、前向きな姿勢を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク