若白髪 何歳

スポンサーリンク

いくつまでが若白髪?

若白髪と一言で言っても、実際に悩みを抱えている人の年齢層は幅広いです。

 

小学生の時から白髪が生えている人もいれば、20代、30代を超えてから白髪が目立つようになった人もいます。

 

いったい何歳くらいまでなら「若白髪」と呼べるのでしょうか。

 

まず、小学校〜高校くらいの成長期にあたる未成年者なら、間違いなく若白髪です。
自分は中学生の時にはじめて生えているのを発見しましたが、これも若白髪になります。

 

20代でもまだまだ若白髪と呼んでいいでしょう。

 

30代は人によって感覚が変わるかもしれません。
「体力が落ちたな〜」と体の衰えを感じてしまう人なら若白髪ではないと言えます。
ただ、一般的には30代はまだまだ若いので、若白髪と呼ぶ年齢でも納得できるものです。

 

ややこしいのは、「白髪の悩みをもち始めるのがだいたい35歳くらいから」という点で、このあたりの年齢の人は同じ30代でも「ふつうに白髪が生えてきた」と感じるかもしれません。

 

40代、50代ならもはや若白髪ではないので、加齢によって髪の色素が抜けたと考えられます。

 

原因の違いによる若白髪と白髪の境目

年齢で若白髪かどうかを判断するのが通常ですが、30代のように曖昧な時には白髪の原因で違いをはかることもできます。

 

白髪は遺伝、ストレス、栄養の偏り、病気、加齢という5つの要因で生えてくるので、加齢が原因の白髪は若白髪とは言えません。

 

また、病気の場合も若白髪が生えたというよりは、病気の合併症や薬の副作用で白髪になったということなので、年齢が若かったとしても若白髪という表現には違和感がのこります。

 

その他の要因である遺伝やストレス、栄養の偏りが髪を白くしているのであれば、30代後半くらいだったとしても若白髪と言えるかもしれません。

 

悩んでいる本人にとっては、白髪か若白髪かは大した問題ではなく、どうすれば治るのか?が大事ですよね。
どちらも対策や予防方法に大きな違いはないので、厳密な違いを気にする必要はありません。

 

あまり気にしすぎると、それこそ白髪が増えてしまうかもしれないので、深く考えないようしましょう。

スポンサーリンク