若白髪 抜く

スポンサーリンク

若白髪は抜いたら増えるの?

髪全体を染めるほどたくさん生えているわけでもなければ、見た目に目立つわけでもない・・。
でも、見つけてしまったら気になってしまうのが若白髪ですよね。

 

数本くらいなら抜いてしまったほうが早いですが、若白髪は1本抜いたら数本生えてきて抜く前よりも増えるなんて話もあるので、抜かないほうがいいのか迷ってしまいます。

 

白髪は抜いたら増えるというのはよく言われていますが、実際は関係ありません。

 

毛には周期があるので、後から生えてくる毛は皮膚の中で成長の時をまっています。
ですから、今見えている白髪を抜いたからといって、新しく生える毛が白髪になるわけではありませんし、別に白髪の元ができることもありません。

 

「抜いたら増える」というのも、結局は科学的根拠のない迷信の類なのでしょう。

 

若白髪の量が少ないなら抜いて処理するのもあり?

抜いても増えないなら抜いたほうがいいように感じますが、若白髪を抜いて処理するのはおすすめしません。
白髪の量が増えなくても、他の点で髪や頭皮に悪影響があるからです。

 

まず、毛を抜くという行為自体が毛穴や毛根、頭皮を傷つけてしまいます。
上手に抜けずに毛穴がふさがると色素沈着を招く恐れもあるのです。

 

無理に力を入れて抜くと、最悪の場合、黒髪はおろか白髪も生えなくなる恐れもあります。

 

また1本だけならともかく、数本抜いた場合は見た目にも大きな影響がでてくるかもしれません。

 

若白髪の量や生え方によって人それぞれ変わってきますが、密集している箇所の白髪を全部抜いたらその一部分だけ髪の毛がなくなり、軽い薄毛・十円ハゲのような状態になってしまいます。

 

生え際に若白髪がある場合に抜いたら、かなり後退しているように見えるのではないでしょうか。

 

一ヶ所に集中していない時でも、見える白髪を全部ぬいたら全体的に髪が薄くなったように感じます。
もともとの髪の毛の量や若白髪の割合によって変わりますが、スキマだらけになると薄毛のレッテルを貼られてしまうかもしれません。

 

以上のように、目に見えない髪と頭皮へのダメージ、目に見える印象という2点から、若白髪はできる限り抜かないほうがいいのです。

 

抜いて済む程度の量ならば、あまり気にしないでそのまま放置したほうがいいでしょう。

 

逆にどうしても気になるなら、染めたり髪型を工夫して隠すようにするのがおすすめです。

 

もしくは、毛先に向かって白いだけで根本は黒いタイプの若白髪なら切ってしまうほうがいいでしょう。

 

いずれにしても、若白髪の処理で、抜くのは一番やめたほうがいい方法です。

スポンサーリンク